【サキ】
「こ、これっ……いいっ……あふぅっ……」

 クリトリスを軽くつまみ、強くつまみ、そしてつぶす。角度を変えてくりかえしてみる。

【サキ】
「あひっ……ひゃんっ……飛んじゃうっ……んあん……飛んじゃうよぉ……」


 指をおま○こに出し入れするたびに、腰が勝手に跳ねちゃう。

【サキ】
「気持ちいい、いいのっ……はあんっ……あんっ」

 指先がおま○こをなぞっていく。私は、土々野君にクンニされるのを想像する。

 土々野君の舌は、まるで爬虫類のように不気味な動きで、おま○この中に押し入ってきた。

【サキ】
「ひゃうぅっ……そ、それだめっ……あっ、あっ、あっ」

 私の意志など完全に無視して、舌がおま○こ内側のあちこちを舐め回す。

【サキ】
「そんなとこっ……舐めたらっ……んあっ……んやんっ」

 舌の動きに酔いしれ、快感をむさぼる。

 私は、お汁ですっかりビショビショになったおま○こを、指を使って広げ、土々野君が舐めやすいようにしてあげた。

【サキ】
「も……もっと舐めてぇ……ああん……ひゃんっ」

 舐められるたびに、ビクッ、ビクッってなっちゃうのを止められない。

【サキ】
「へんなの……へんなのっ、んああっ……これぇ……」