【サキ】
「おなっ、おなかにっ……あああっ……入ってる……」

【マサル】
「これがおまえの大好きなチ○ポさ」

【サキ】
「んんんっ……んっ、んっ……んああっ……チ○ポ……チ○ポがっ、入ってるのぉっ」

 ずん。

【サキ】
「ふあああっ……あひっ……んああっ……んふぅっ」

 自分で腰を上下させている。サキはいつしかこの快感に夢中になっていた。

 チ○ポをしめつけたままで、上下する秘裂。ストロークが徐々に大きくなっていく。

【サキ】
「はあっ……ひゃんっ……ずんずんくるのっ、これっ……これすきっ」

 俺も前後に腰を動かす。奥に当たっては、手前の肉壁をカリ先でひっかく。

【サキ】
「やああっ……それだめぇっ……あふっ……ひゃうっ」